食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

中華

糖尿病の人に向けたおすすめの中華レシピを紹介しているページです。

糖尿病の食事レシピに中華はOK?

結論から言ってしまうと、中華料理は糖尿病の食事に、不向きな点が多くなります。特に以下のデメリットには、くれぐれも注意していかなくてはなりません。

【糖尿病の食事には要注意!中華のデメリット】

  • 揚げ物、炒め物が多く、油を多量に使う。
    また調味料も多く使用するため、必然的にカロリーが高まる
  • 白米や麺、餃子など、炭水化物を活用したメニューが数多い

中華料理は強い火力を必要とする場合が多いので「自炊は難しい」と感じる人が多いはず。しかし一般的な中華料理店が、糖尿病患者のために調理法を工夫してくれるとは思えません。もちろん中華圏には、野菜中心のメニューや薬膳料理などの伝統もあるのですが、日本でそうした内容を提供する店舗は、稀となっています。ですから中華料理は、できるだけ避ける方が無難なのです。

また日本で特に人気のある中華発祥のメニュー・ラーメンにも注意が必要!麺そのものが炭水化物であるだけでなく、脂質、添加物をこれでもかと含んでいます。セットメニューによくあるチャーハンや餃子との組み合わせなど、もってのほか。糖尿病患者には、全くおすすめできません。

とは言え、日本人の食生活から中華料理を完全に排除することは、難しくなっています。そのほか、どうしても食べたくなった時は、以下の点に留意するようにしてください。

  • 前菜で野菜をなるべく多く摂取しておく。生野菜でなくても、茹でたり蒸したりする調理法ならOK
  • ラーメンや焼きそば、丼などを選ぶ際にも、なるべく「五目」など多くの食材を含むメニューを選ぶ
  • 調味料として用意されている酢や、唐辛子を含むメニューなどを上手に活用して代謝を高める
  • 外食する際、完食は避けること。多くとも2/3程度の摂取に抑える

中華料理の本場である中国本土でも、急速な発展や欧米化に連れ、糖尿病患者が激増しているようです。私たち日本人も、同様に注意が必要ですね。

以下では、自宅でもできる簡単ヘルシー中華メニューを紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

糖尿病の人のおすすめの中華レシピをチェック!

以下に、3つのおすすめ中華レシピをピックアップしてみました。各メニューについてカロリーやタンパク質・脂質量なども記載しています。簡単に作れるメニューばかりなので、ぜひ毎日の食事の参考にしてくださいね。

レタス中華スープ

レタスのシャキシャキ感がクセになる!えのき茸との相性も抜群です♪

【データ】

カロリー19kcal、タンパク質1g、炭水化物2.4g、脂質1.1g、食物繊維0.8g、塩分0.7g

【材料(2人分)】

えのき茸30g、レタス2枚、焼き海苔・黒ゴマ適量、水270cc、鶏ガラスープの素2g、しょうゆ小さじ1杯、ゴマ油2g

【手順】

①えのき茸は石突きをカットし2cm幅に切る。

②水で綺麗に洗ったレタスを適当な大きさにちぎる。

③鍋に水を沸騰させ、沸いたら弱火にして鶏ガラスープの素とえのき茸を投入。約20秒煮る。

④最後にレタスを加えてさっと火を通す。

⑤火を止めてからゴマ油としょうゆ、ゴマをかけて、器に移したら焼き海苔を乗せる。

中華風小松菜炒め

低カロリーで繊維やビタミンも摂取できる中華炒め。油を少なめにするのがポイント!

【データ】

カロリー27kcal、タンパク質1.8g、炭水化物3.4g、脂質1.3g、食物繊維1.9g、塩分0.5g

【材料(2人分)】

しめじ1/2パック程、小松菜3/4パック程、オイスターソース大さじ1/2杯、チューブニンニク1g、ゴマ油小さじ1/2杯

【手順】

①小松菜を洗い3cmにカットする。しめじは石突きをカットしてほぐす。

②フライパンを熱してゴマ油をひき、小松菜の茎としめじを入れて中火で約1分炒める。

③小松菜の葉を加え、しんなりする程度まで火を通す。

④オイスターソースとニンニクを加えて、なじんだらできあがり。

中華丼

高タンパク低脂肪のエビ&鶏ささ身を使ったヘルシー中華丼。色々な野菜をたっぷり入れて栄養バランスの良い一品に!

【データ】

カロリー307kcal、タンパク質17.6g、炭水化物47g、脂質3.8g、食物繊維2.4g、塩分1.6g

【材料】

ご飯800g、むきエビ100g、鶏ささ身160g、Ⓐ酒小さじ1杯・片栗粉子小さじ2杯、ニンジン60g、キクラゲ2g、ハクサイ300g、さやえんどう8枚、長ネギ1/2本、サラダ油大さじ1杯、Ⓑしょうゆ小さじ2杯・塩小さじ2/3杯・酒大さじ2杯・鶏ガラスープの素小さじ1/2~1杯・水500ml、水溶き片栗粉(片栗粉大さじ1と1/3杯・水大さじ3杯)

【手順】

①むきエビは下処理。キクラゲは水で戻し、さやえんどうは筋を取っておく。

②鶏ささ身をひと口大に削ぎ切り、むきエビと一緒にⒶをまぶして熱湯でさっと茹でる。

③ハクサイの葉を適当な大きさにカットし、芯を削ぎ切る。長ネギは1cm幅の斜め切りに、ニンジンは短冊切りにカットする。

④フライパンにサラダ油をひいて熱し、ニンジンと長ネギを炒める。

⑤少し香りが出たらキクラゲとハクサイを加え、さらにⒷを加える。

⑥煮立ってきたらむきエビと鶏ささ身、さやえんどうを加え、水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつける。

⑦ご飯に乗せてできあがり。

ページの先頭へ