食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

HOME/ 糖尿病を予防するには/ 糖尿病予防に漢方を取り入れてみよう

糖尿病予防に漢方を取り入れてみよう

糖尿病は、脾臓で分泌されるインスリンの生産量や分泌に関してトラブルが起き、食べ物のエネルギーを正しく代謝できなくなる病気です。

漢方医学の分野では、糖尿病そのものに対する治療ではなく糖尿病からくるさまざまな症状に合わせて漢方を調合します。西洋の薬には即効性がありますが、そのぶん副作用のリスクも考えられるため、糖尿病の症状を緩和しながら副作用のリスクも減らしたい方には漢方がおすすめです。

糖尿病の漢方薬

ここからは糖尿病の症状に適しているとされる漢方薬を紹介します。

大柴胡湯(だいさいことう)

胸から脇にかけて重苦しい感じがあり、張っているような状況で、体力のある時に用いられます。みぞおちのつかえや硬さ、便秘、口の苦み、耳鳴りなどにも処方され、高血圧や肥満症の治療にも使われています。

白虎加人参湯(びゃっこかにんじんとう)

のどの渇きやほてりを鎮める作用がある「白虎湯」に「人参」を加えた漢方です。全身の熱を冷ましながら口の渇きを改善させる作用があり、なおかつ人参や粳米(こうべい)が体力を回復させます。

五苓散(ごれいさん)

漢方の概念である3つの要素(気・水・血)のうち、水である水分の滞り「水滞」を改善する代表的な処方です。口が乾いたり、尿の量が少ないことを目安に使用されることが多い漢方薬です。

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

比較的体力があり、肥満の方に使われる漢方薬です。麻黄や石膏などを中心とし、生薬の力によって発汗を抑え、熱を冷まし、便秘改善や体内の水分分布を正常化します。 血行促進効果なども期待できるため、代謝促進や排便への効果、肥満体質の改善なども期待できます。いわゆる「メタボリックシンドローム」や「太鼓腹」の方に向いているとされています。

八味地黄丸(はちみじおうがん)

体力が低下しているか、虚弱な方に使用される漢方処方です。胃腸機能は健全でも、疲労や倦怠感があり、手足の寒さを感じたり、腰から下の冷え、夜間の排尿回数が多いといった「腎」機能の低下にも用いられます。

漢方では五臓のうちの「腎」が低下すると「腎虚」になると考え、八味地黄丸はこの腎虚を解消する処方とされています。

六味丸(ろくみがん)

八味地黄丸から桂皮と附子(ぶし)を除いた処方で、六味地黄丸とも呼ばれています。体力は普通程度かもしくは虚弱で、冷え症はないけれど口の渇きがある場合に使用します。腰から下の脱力感、しびれ・耳鳴・めまい・ふらつきなどがある際に用いられます。

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)

八味地黄丸に「牛膝(ごしつ)」と「車前子(しゃぜんし)」という二つの生薬を加え、利尿作用をプラスした処方です。腎虚に対応する処方で、しびれや痛み、尿量の減少やむくみの程度が強い場合に用いられます。

桂枝加朮附湯(けいしかじゅつぶとう)

比較的体力がなく、関節痛、神経痛などの痛みに処方される漢方です。冷えがあり、かつ体力がなく、汗は出るのに尿量が少ないといった場合にも適しています。

桂枝加朮附湯は生薬である「桂枝湯(けいしとう)」をベースにして、水滞を改善する「朮(じゅつ)」と体を温める「附子」をそれぞれ加えています。

十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)

体力がなく、弱っているケースにおいて、「気」と「血」を補うために処方される漢方薬です。血を補う「四物湯(しもつとう)」と、気を補う「四君子湯(しくんしとう)」を調合し、さらに生姜(しょうきょう)・大棗(たいそう)を除いています。

全身の疲労感や倦怠感はもちろん、貧血、食欲不振、手足の冷えなど深刻な不調があるときに処方されます。病気回復期や手術後の回復期などにも用いられ、衰弱した時の漢方薬としてもとてもよく知られています。

柴苓湯(さいれいとう)

「水」のめぐりを改善してくれる漢方です。急性・慢性の下痢などが起き、体力は普通程度の方に使われます。処方としては「小柴胡湯(しょうさいことう)」と「五苓散(ごれいさん)」を合わせており、水分代謝異常をともなう疾患への処方としても広く用いられています。

清心蓮子飲(せいしんれんしいん)

比較的体力のない方に使われる漢方で、慢性的な排尿困難や残尿感、頻尿、口の渇きをともなう場合に処方されます。 水滞を治す茯苓(ぶくりょう)、利尿作用のある車前子(しゃぜんし)に、人参や黄耆(おうぎ)などを配合しています。

清心蓮子飲は胃腸虚弱の方でも使用できる漢方薬です。八味地黄丸で胃腸に負担がかかる場合、「地黄」を抜いた処方として清心蓮子飲が用いられることがあります。

漢方と併せて取り入れたいデリバリーフード

糖尿病には、漢方薬で諸症状を緩和させつつ、食事療法も併せて取り入れていくとさらに効果的です。そこで便利なのが、漢方と併せて「デリバリーフード」のサービスです。

デリバリーフードは出来たての食事を自宅などに届けてもらえるサービスで、糖尿病の患者さん専用の療法食を取り扱っている会社もあります。 食材の買い出しから調味料の計測まで一つ一つ行うのは面倒な作業ですが、デリバリーなら時間のない時でも手軽に出来たての療法食がいただけます。

ぜひ、漢方薬や糖尿病のお薬と併せて取り入れてみてください。

ページの先頭へ