食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

種類と合併症

ここでは、糖尿病を患って引き起こす合併症についてまとめています。また糖尿病には様々な種類があることにも触れていきましょう。

種類と合併症

一言で「糖尿病」といっても、症状によって異なる糖尿病は4種類あります。それでは1型糖尿病・2型糖尿病・妊娠糖尿病・特定の原因によるその他の型の糖尿病の4分類を見ていきましょう。

1型糖尿病

インスリンをつくるすい臓のβ細胞がきちんと機能しないことから発症。インスリンが少量しかつくれない、もしくは全くつくれない状態で、体外からのインスリン注射などで補給する必要があります。幼い年齢で発症するケースが多く、突然発症する傾向がみられます。

2型糖尿病

インスリンの分泌量が少なかったりインスリンの働きが悪かったり、糖尿病患者の約9割を占めるタイプ。肥満や喫煙、アルコール、運動不足、運動、高血圧、ストレスなどが原因となっています。自覚症状がないため突然発症することも。特に中高年と呼ばれる年齢層には発症者が多く、会社の健康診断などで発覚することもしばしばです。

ただ近年では、食生活の変化から若い人にも発症する人が増加。合併症などを引き起こしやすく、持病がある場合は重症化する恐れもあります。

妊娠糖尿病

その名称通り、妊娠をきっかけに発症。血糖値が高くなるなどの症状がみられますが、通常では出産後には元に戻ります。

まれにそのまま糖尿病に進行する場合があり、妊婦さんが注意しなければいけない症状の一つと言われています。

特定の原因によるその他の型の糖尿病

すい臓のβ細胞やインスリンの異常だけでなく、他の疾患から発症してしまうタイプ。内分泌疾患や膵外分泌疾患、肝疾患などの疾患をはじめ、ステロイドの服用によっても発症することがあります。

糖尿病が引き起こす怖い合併症

糖尿病が進行すると、合併症を起こすことがあります。特に糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性神経障害は「三大合併症」と呼ばれているほど有名です。

糖尿病性網膜症

高血糖により網膜が障害を受けることで発症。最悪、失明することもあります。治療では、糖尿病コントロールを基本に低血糖を起こさないようにすることが大事。症状の度合いによってはレーザー光線で網膜を焼く光凝固療法を行います。網膜症が進行すると硝子体手術などが必要になることもありますが、確実と言える治療法はありません。

糖尿病性腎症

血液中の老廃物や不要物を尿として排出するなどして、適正な血液環境をつくるのが腎臓の役割。腎臓が正常に機能しなくなると、尿毒症になって人工透析を受ける事態になります。治療では糖尿病コントロールが必須。食事療法に加えて蛋白制限、血糖コントロール、血圧管理を徹底して行わなければなりません。高血圧の薬アンギオテンシン変換酵素阻害剤も進行の予防になるといわれていますが、進行しきってしまうと使えなくなります。

糖尿病性神経障害

身体のしびれから始まって血行障害や免疫力の低下から病気への治癒力が低下し、細菌が体内に入り込んで感染が広がって腐っていきます。最終的には部位を切断しなければなりません。神経障害の進行によって、知覚神経以外の運動神経や自律神経へのダメージも。進行を防ぐためにも糖尿病コントロールは必須です。

糖尿病は一度発症してしまうと完治することはありません。合併症を発症させてしまったら治療も不可能になります。合併症を発症させないようにするには、糖尿病治療といかにうまく付き合っていけるかがポイント。特に食事療法が基本となりますので、食事で血糖値をコントロールできるよう、医師に相談しながら行うことが肝要です。

ページの先頭へ