食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

種類と合併症

ここでは、糖尿病を患って引き起こす合併症についてまとめています。また糖尿病には様々な種類があることにも触れていきましょう。

種類と合併症

一言で「糖尿病」といっても、症状によって異なる糖尿病は4種類あります。それでは1型糖尿病・2型糖尿病・妊娠糖尿病・特定の原因によるその他の型の糖尿病の4分類を見ていきましょう。

1型糖尿病

インスリンをつくるすい臓のβ細胞がきちんと機能しないことから発症。インスリンが少量しかつくれない、もしくは全くつくれない状態で、体外からのインスリン注射などで補給する必要があります。幼い年齢で発症するケースが多く、突然発症する傾向がみられます。

2型糖尿病

インスリンの分泌量が少なかったりインスリンの働きが悪かったり、糖尿病患者の約9割を占めるタイプ。肥満や喫煙、アルコール、運動不足、運動、高血圧、ストレスなどが原因となっています。自覚症状がないため突然発症することも。特に中高年と呼ばれる年齢層には発症者が多く、会社の健康診断などで発覚することもしばしばです。

ただ近年では、食生活の変化から若い人にも発症する人が増加。合併症などを引き起こしやすく、持病がある場合は重症化する恐れもあります。

妊娠糖尿病

その名称通り、妊娠をきっかけに発症。血糖値が高くなるなどの症状がみられますが、通常では出産後には元に戻ります。

まれにそのまま糖尿病に進行する場合があり、妊婦さんが注意しなければいけない症状の一つと言われています。

特定の原因によるその他の型の糖尿病

すい臓のβ細胞やインスリンの異常だけでなく、他の疾患から発症してしまうタイプ。内分泌疾患や膵外分泌疾患、肝疾患などの疾患をはじめ、ステロイドの服用によっても発症することがあります。

糖尿病が引き起こす怖い合併症

糖尿病が進行すると、合併症を起こすことがあります。特に糖尿病性網膜症・糖尿病性腎症・糖尿病性神経障害は「三大合併症」と呼ばれているほど有名です。

糖尿病性網膜症

糖尿病網膜症は、糖尿病の3大合併症のうちの一つです。成人の失明理由の第一位でもあり、糖尿病の罹患した際には網膜症の発病や進行についても予防していかなければなりません。 糖尿病網膜症は程度によって「単純糖尿病網膜症」「前増殖糖尿病網膜症」「増殖糖尿病網膜症」の3段階に分別されます。

人の目の網膜部分には、光や色などを感じ取るための神経細胞とともに、毛細血管が巡らされています。しかしここで血糖値が高い状態が続くと、網膜の毛細血管はダメージを受け、変形や詰まりを引き起こします。 血管が詰まってしまうと、網膜の細かい部分まで酸素が行き渡りづらくなり、網膜の「酸欠状態」が起きます。その結果、血管は新しい血管を生みだして酸素を補おうとします。このようにして網膜症は進行していきます。

糖尿病網膜症は黄斑部の病変や硝子体の出血、網膜剥離などの症状を生じるまでほとんど自覚できないため、症状がある程度進行してから病院を受診される方が多いです。糖尿病網膜症を予防するためには、診断される前から患者さんが自主的に眼科を受診し、網膜症を早期に発見、治療することが重要です。

また、以前に国内外で行われた臨床試験では、厳格な血糖コントロール(日本においてはHbA1cが7.0%未満)が糖尿病網膜症の発症を予防することが分かっており、血糖コントロールや糖尿病の治療なども網膜症の予防のために欠かせないポイントになります。 網膜症の改善方法は症状の進行度によって異なりますが、いずれの場合も糖尿病の治療は必要不可欠です。眼の状態が正常でも、1年に一度の割合で眼科を受診するのが理想的です。

症状が進行しすぎないよう予防するためにも、眼科で眼底検査などを行い、眼の中の病変を確認しましょう。また、血糖コントロールと併せて、糖尿病へのアプローチも行っていきましょう。

糖尿病性腎症

糖尿病性腎症は糖尿病の代表的な合併症として知られている病気です。進行が進まないうちは自覚しにくい疾患でもあり、自覚症状が出る前に症状を発見、対処していくことが大切です。

糖尿病性腎症の原因は、血糖値の高い状態が続くことによって全身の動脈硬化が進み、腎臓の「糸球体」で細い血管が壊れ出し、網の目が破れるもしくは詰まるなどして、溜まった老廃物をろ過できなくなります。これにより腎症を発症、知らないうちに症状が進行し、尿が排出しにくくなるというものです。

糖尿病腎症の治療法としては、早期腎症(2期)および顕性腎症期(3期)の段階であれば、症状が進行しないように血糖コントロールを行います。一般的な糖尿病の治療のように、低カロリーの食事や運動療法の組み合わせを行い、必要に応じて薬の服用やインスリン注射などを行います。

さらに症状が進み、第4期に入ると、今度は低タンパク食に切り替えます。ここで血液中のクレアチニンが増えてくると透析療法の準備に入ります。 人工透析はいわば糖尿病腎症の進んだ段階での治療方法です。腎臓が糖尿病によって影響を受け、機能が弱まったために尿を作れなくなり、排出ができなくなってしまいます。そこで、人工的に尿を外に出す透析治療を行います。

血糖値が通常より高めでも、腎臓には痛みなどはなく、自覚症状を感じることもありません。そのため、治療に本腰が入りにくい方も多いようです。 しかし腎症を放置することは腎臓の機能そのものを損なうリスクがありますので、早期発見・早期治療は必要不可欠です。

糖尿病の治療を継続することも非常に有効です。血糖値が安定すれば、腎臓への負担も最小限に抑えられますので、腎症が悪化することなく推移していきます。腎症にかかってからの対症療法ではなく、「予防」としての治療を早い段階からスタートさせていくようにします。

糖尿病性神経障害

糖尿病にかかってからは、「3大合併症」に注意するように医師からアドバイスされることがあります。その3代合併症のうち、もっとも早くに現れてくるものが、「糖尿病性神経障害」です。 糖尿病性神経障害は、高血糖状態が続くことによって神経が変性したり、毛細血管に障害が起きて血流が低下するなどの障害が出てきます。

糖尿病性神経障害には、「末梢神経障害」と「自律神経障害」の2種類に分けられます。 末梢神経には、痛みや温度などを知覚する感覚神経と、体を動かすための運動神経があります。この二つの末梢神経は、高血糖が持続することでしびれや痛みなどの障害が現れたり、筋肉に力が入らない、うまく手足を動かせなくなるなどのトラブルが特徴的に出現します。

自律神経は、人体の臓器から神経系までさまざまな部位を司っていますが、糖尿病性神経障害によってそれらが狂と、呼吸や循環など、自律神経が関わる部分への神経障害が現れてきます。 人によって障害が起きる場所はさまざまですが、胃もたれや立ちくらみ、便秘と下痢、排尿困難、不能などを生じます。これらは自律神経の他の疾患と混同されやすく、自覚症状はあっても糖尿病の合併症とは気づきにくいため、対処が遅れるケースもあります。

自律神経に障害をきたした場合、低血糖状態でも発汗などのシグナルが現れにくくなり、症状がさらに重くなるリスクもあります。心筋梗塞が起きても痛みに気付かない「無痛性心筋梗塞」などを生じることもあります。

改善方法としては、高血糖状態を少しでも早くに解消すること、またそのための工夫が必要です。早めに血糖コントロールを行うことで、初期症状から改善し、症状の進行を防ぐことが可能です。 食事週間はもちろん、毛細血管に影響を与える喫煙習慣についても改め、異常を発見したらささいなことでも医師の診察を受けるようにしましょう。

糖尿病は一度発症してしまうと完治することはありません。合併症を発症させてしまったら治療も不可能になります。合併症を発症させないようにするには、糖尿病治療といかにうまく付き合っていけるかがポイント。特に食事療法が基本となりますので、食事で血糖値をコントロールできるよう、医師に相談しながら行うことが肝要です。

脳卒中

脳卒中は正式には「脳血管障害」という名称で呼ばれます。特定の病気を指すものではなく、脳の血管に何らかの障害が起きている状況を指しています。 脳の血管に起こる障害のうち、もっとも多いものが「脳梗塞」です。脳梗塞は、血管の一部が狭くなって血流が悪くなったり、血栓が詰まるなどして血液が流れなくなる障害のことです。

脳梗塞には大きく分けて3タイプあり、脳の細い血管が詰まってしまう「ラクナ梗塞」脳や首の太い血管が血栓によって詰まってしまう「アテロ―ム性脳梗塞」心臓でできた血栓が流れ、脳の太い血管が詰まってしまう「塞栓性脳梗塞」にそれぞれ分けられます。 脳梗塞を起こしやすい原因としては「高血圧」が多く挙げられていますが、それ以外にも糖尿病が原因の一つとして考えられています。糖尿病は血液に糖が多く含まれる疾患のため、血管を塞ぐ動脈硬化が起きやすく、そこから脳梗塞や脳卒中を引き起こしやすいと考えられています。

日本人を対象に行った、糖尿病と脳梗塞の関連性を検討した「JPHC研究」によれば、糖尿病は微小血管障害としてのラクナ梗塞の発症や、大血管障害である塞栓性脳梗塞、アテローム性脳梗塞の危険因子になることが示されており、研究からも関連性の高さが伺えます。

糖尿病の患者さんが脳梗塞を予防するためには、普段の生活習慣や、こまめな健康チェックが欠かせません。三大生活習慣病である高血圧・高脂血症・糖尿病をうまくコントロールして、糖尿病の方は血液の状態と血糖値を常に把握しておくことがポイントです。

糖尿病を放置することは得策ではなく、3大合併症のリスクも増えてしまいます。食事や生活習慣、嗜好品などを総合的に見渡して、脳梗塞や脳卒中に備えることが肝心です。 糖尿病と脳梗塞、さらには脳卒中の関連性を念頭に置き、早め早めに予防対策を講じていきましょう。

狭心症・心筋梗塞など

糖尿病の合併症には、3代合併症以外にも「狭心症」や「心筋梗塞」などが挙げられます。 狭心症とは、心臓の筋肉に酸素や栄養を送る冠状動脈の中が狭くなり、血流が悪化して、心臓の筋肉に十分な酸素が送られなくなった状態のことを呼びます。

狭心症は「労作性狭心症」と「安静時狭心症」の2種類に分けられます。労作性狭心症は運動をしているときに起こる狭心症のことで、運動中に多くの酸素を必要とするために、心臓に負担がかかり、冠状動脈が狭くなっているために十分な酸素が行き渡らず酸欠状態が引き起こされることで狭心症の症状となります。

それに対して安静時狭心症は、就寝中や安静時に起こる狭心症です。冠状動脈そのものが一時的な痙攣を起こして細くなるため、心臓の筋肉が酸欠状態を起こして発症する病気です。

狭心症も心筋梗塞も同じ心臓の病気ですが、血管が狭くなるのと血栓ができるのとでは大きな違いがあります。胸が苦しい、運動中に息苦しさを感じるなどの症状を覚えたら、すぐに病院を受診することが大切です。

改善方法としては、動脈硬化を起こさないようリスク要因を突き止め、対処していくことです。タバコなどの嗜好品や食生活を改めながら投薬治療などを行い、糖尿病の治療も並行します。冠状動脈に血栓ができてしまうと、心臓の筋肉が死んでしまうため、血栓を取り除くカテーテル治療やステント治療も行われます。 普段の生活では、血糖値を意識的にコントロールするよう努めます。空腹時血糖値はもちろん、食後の血糖値についても注意し、病院でのこまめな検査も欠かさずに行うようにします。

その他、高血圧やメタボリックシンドロームなども動脈硬化に影響を与えるとされていますので、それらの疾患にもかからないように(または改善するように)運動や投薬などを並行していく必要があります。

閉塞性動脈硬化症

閉塞性動脈硬化症は、足の血管が細くなったり、動脈硬化が進む、あるいは血管が詰まるなどして、血流が十分に保てなくなる疾患です。血流が悪くなることで、歩いた時に足のしびれが出たり、痛みや冷えを感じます。症状がさらに進んでくると、歩行時だけでなく安静時や就寝時にも症状が現れる場合があります。

閉塞性動脈硬化症の原因としては、手や足などの末端部分の血管の動脈硬化が挙げられます。動脈は弾力性のある血管ですが、コレステロールなどが動脈内に蓄積したり、酸素や栄養分の供給が欠乏してくると、動脈には新しい細胞がつくられなくなり、弾力性を失います。血管に負担がかかれば、動脈は硬くもろくなり、動脈硬化を引き起こしやすくなります。

このようにして動脈硬化が進んでくると、血管に狭窄(狭くなる)や閉塞(詰まり)などが起き、血液の流れがだんだんと悪くなります。そのため、手や足などの末端へ栄養や酸素を送り届けることができなくなり、それらのシグナルとして手足に閉塞性動脈硬化症の障害が現れます。 改善方法としては、糖尿病の患者さんは血液の数値や状態を常に把握し、体の内側から健康を目指していきましょう。動脈硬化を促進するような食べ物(油ものなど)や嗜好品(タバコなど)は控えるようにします。

また、閉塞性動脈硬化症を起こしてしまった場合は、寒冷刺激にも注意が必要です。寒さによって足の血管は収縮し、さらに血液の循環が悪くなります。普段から靴下や電気毛布を使ったり、入浴をするなどして血行を改善していきましょう。 動脈硬化と冷えに注意するとともに、足元の保護にもつとめましょう。傷や皮膚病を抱えると治りが悪いため、さらに怪我の程度が悪化する場合があります。

足を怪我しないよう注意し、素足を避けて少し厚手の靴下を着用しましょう。ただし足元は汚れやすいので、汗や老廃物などはこまめに拭き取ったり、洗い流すようにします。 また、可能であれば積極的に歩行(ウォーキング)し、足元の血流を上げていくと良いでしょう。

末梢動脈性疾患

末梢動脈性疾患は下肢の末梢動脈に異常を抱える疾患で、糖尿病の患者さんの1割程度に起きると言われています。 足の動脈が狭くなったり、血栓などで詰まったりして血流が悪くなり、足にしびれや冷感などのさまざまな症状を引き起こす病気です。「閉塞性動脈硬化症」「下肢慢性動脈閉塞症」などと呼ばれることもありますが、現在は「末梢動脈疾患」という呼び名に統一されています。

症状のはじめは、冷感やしびれなどの症状のほか、歩行した後にお尻や太もも、ふくらはぎに痛みが出る(「間歇性跛行/かんけつせいはこう」と呼ばれます)といった症状が出現します。 さらに症状が進むと、歩行時に下肢にしびれや痛みが出たり、安静にしていても痛みを感じるようになります。痛みが継続的に続くようになったり、足にできた傷が治りにくくなるなどの問題、皮膚が炎症を起こしたり、炎症からただれ、壊死へとつながるおそれもあります。

末梢動脈性疾患の病状は、軽度なうちに進行を食いとめることが大切です。末梢動脈性疾患の70%~80%の方は間歇性跛行の症状が数年間続くとされているので、この間に病気の症状としっかりと向き合い、治療を進めていくことで足のトラブルを軽減したり、未然に防ぐことができます。

改善方法としては、末梢動脈性疾患の根本原因である動脈硬化の治療を行うこと、また糖尿病の患者さんに対しては、糖尿病の治療も並行して行います。血栓などができないように薬を服用したり、糖尿病の症状が改善するように生活習慣や食生活を正していきます。

動脈硬化を引き起こす要因に対処するとともに、運動療法や薬物療法を組み合わせたり、それでも改善しない場合はカテーテル治療、バイパス手術などを組み合わせます。手術などの物理的な治療については症状の程度に応じて行われますので、軽度で済む場合は動脈硬化を解消するための治療を続けていきます。

慢性合併症について

長期にわたり糖尿病を患っている人には将来起こりうるリスクとして「慢性合併症」が挙げられます。 慢性合併症とは慢性的に高血糖状態にある人が患う危険性の高い合併症のことです。糖尿病の慢性合併症の種類は大きく分けて2つ。細小血管症と大血管症です。

細小血管症

細小血管症は細い血管が傷助けられることによって引き起こされる疾患です。  細小血管症には「糖尿病神経障害」や「糖尿病網膜症」、「糖尿病腎症」などがあります。

「糖尿病神経障害」は細い血管がボロボロになり、血流が遮断されることによって神経細胞への血液供給が途絶えることで自律神経に障害を引き起こしてしまうものです。 自律神経を乱されることで発汗異常や立ちくらみ、膀胱障害などの神経系に症状が現れます。 「糖尿病網膜症」は網膜内の血管が詰まってしまうことで起こる疾患で、視力の低下や症状が悪化すると失明にまで至ってしまう病気です。

「糖尿病腎症」は腎臓の機能低下を招いてしまうもので、老廃物を濾過する役割をもつ腎臓の糸球体の毛細血管がダメージを受けて腎症を引き起こしてしまいます。 腎症の症状が進行すると塩分制限やタンパク質制限などの厳しい食事制限が必要となり、さらに悪化すると人工透析が必要となってきます。

大血管症

大血管症は細小血管症よりも太い血管にダメージを与える疾患です。 血糖値の高い血液が血管内にとどまっていると、太い血管では動脈硬化が加速していきます。 動脈硬化はさまざまな物質が付着し、血管内にプラークと言われる塊を作っていくものです。

このプラークが剥がれ落ち、脳や心臓といった身体機能の中でも重要な役割をもっている臓器に血栓を作ることで命をも落としかねない危険な状況を招いてしまいます。 動脈硬化によって引き起こされる疾患には「脳梗塞」や「狭心症」「心筋梗塞」「閉塞性動脈硬化症」などがあります。

慢性合併症が起きる原因

慢性合併症は血管の病気です。糖尿病を患っているということは長い間、血糖値の高い血液が血管内を循環していることになります。 血糖値が高いまま放置してしまったら、毛細血管をボロボロにする、血管内にプラークを作り動脈硬化を加速させるといったさまざまな血管トラブルを引き起こしてしまう可能性が非常に高くなってしまうのです。

つまり、慢性合併症が起こる大きな原因は「血糖値の高い状態のまま放置していたから」ということになります。

慢性合併症と向き合うには

慢性合併症と正しく向き合うには、まず血液の異常を放置しないということです。 健康診断などでの血液検査に何か異常がある場合は見過ごさず、数値の改善を図る努力をしましょう。

これは血糖値だけでなく高コレステロールなど、すべての数値に言えることです。 健康診断での血液異常は前日に食べたものやその日の体調によって数値が変わってくるので、あまり気に留めない人も多いですが、数値に異常が出たということはそういった異常を引き起こしやすい体質にあるのかもしれません。 つまり、今後このような症状が出やすくなるという危険性をはらんでいるのです。 不規則な生活や食生活によって生活習慣病になってしまう人の数は年々増加傾向にあります。糖尿病はその生活習慣病の代名詞とも言えます。

自分は大丈夫と思っていても気づかないうちに糖尿病のような生活習慣病に罹患しているといった可能性もあるのです。 健康診断をこまめに行い、体の状態を数値化することによって将来発症するかもしれない大病を防ぐことができると考えてみてはいかがでしょうか?

ページの先頭へ