食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

検査

ここでは、糖尿病の検査項目や数値の見方などについて紹介しています。

糖尿病になるとどうなるの?

通常、食事で増えた血中の糖(ブドウ糖)は膵臓から分泌されるインスリンで代謝されるため、血糖値は数時間で元に戻ります。しかしインスリンの作用や分泌が正常に行われないと、糖代謝に異常が起こって慢性的な高血糖状態が続いてしまいます。これが、糖尿病なのです。

まだ早い段階ではあまり症状を感じませんが、進行すると、多尿(頻尿)や喉の渇き、体重の減少、疲れやすさ、倦怠感といったような症状が現れてきます。さらに進むと糖尿病腎症や糖尿病神経障害、糖尿病網膜症などの合併症も引き起こされます。また、メタボ(メタボリックシンドローム)にくわえて喫煙をはじめとした危険因子が多く重なると、心筋梗塞や脳梗塞といった命にかかわる重大な疾病にもつながります。

糖尿病の検査項目&診断

 糖尿病を診断するには、血液検査をする必要があります。一般的に、以下に挙げる4つの項目を測定します。

検査項目

早朝空腹時血糖値

一般的に、前日の21:00から絶食をして翌朝の食前に採血を行う(通常、朝食前の血糖値が最も低いとされる)。

随時血糖値

食事の時間にかかわらず測定した血糖値。

HbA1c(ヘモグロビンA1c)

過去1、2ケ月の血糖を反映する指標(糖尿病でなくても高い値が出る場合あり)。

75gOGTT(75g経口ブドウ糖負荷試験)

最も確実な診断が行える検査(明らかな高血糖が推測できる場合は「随時血糖」または「早朝空腹時血糖」を測定)。早朝空腹時血糖値を測った後75gのブドウ糖溶液を飲み、30分後・1h後・2h後の血糖値を測定する。診断には2h後の血糖値を用いる(30分後・1h後の値は高リスクな患者を見出すのに役立つ)。

数値の見方(診断)

【1】早朝空腹時血糖値 126㎎/dL以上
または75gOGTT2時間値 200㎎/dL以上または随時血糖値200㎎/dL以上

【2】HbA1c(HGSP) 6.5%以上[HbA1c(JDS) 6.1%]

  • 1か2のどちらかに当てはまるときは「糖尿病型」という診断がされ、2度目の検査で同じ結果が出たときに「糖尿病」という診断がなされます。
  • 食後2時間血糖値が140mg/dL未満・空腹時血糖値が110mg/dL未満ならば「正常型」という診断が行われます。
  • 「正常型」「糖尿病型」のどちらでもない人は、「境界型」つまり予備軍という診断になります。これ以上悪化しないよう、食生活や生活習慣を見直すなど医師の指示を仰ぎましょう。
ページの先頭へ