食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

HOME/ よくわかる糖尿病の食事療法/ 控えた方がよい食べ物

控えた方がよい食べ物

糖尿病患者さんが食事の際に食べてはいけないものはあるのでしょうか?
食べるのを控えた方が良い食品や注意が必要な食品についてまとめています。

糖尿病だと食べてはいけないものはあるの?

糖尿病の人にとって良くない食品とは、簡単に言ってしまうと“血糖値を上昇させやすい食品”です。
血糖値が高くなることによって、さまざまな症状が現れてくるわけですからね。また、脂質やカロリーの多い食材も避けましょう。
糖尿病の食事療法では医師からカロリー指導があるので、その範囲内におさまる食事ができるよう、脂質の多いものや高カロリーのものには注意を図る必要があるのです。

糖尿病患者が注意すべき食べ物は?

各食品の消化スピードはそれぞれ異なりますが、その早さを表すものとして「GI値」があります。この値が高いものは食後の血糖値を急速に上げるため注意が必要です。
たとえば、精製された炭水化物。白米やうどん、精製された小麦粉で作られたパンなどですね。糖尿病の人は、これらの食品はなるべく避けた方が良いです。
また、海老フライなどの揚げ物も注意。パン粉や小麦粉を使う衣もありますし、そもそも油はとても高カロリーです。
飲み物などにかんしても、糖分の多い清涼飲料水は避けてシンプルな水やお茶を選ぶようにしましょう。

その他にも注意すべき食品は色々とありますが、以下に一覧でまとめてみました。

糖尿病の方が注意すべき食品を一覧

魚介類 練りもの、つくだ煮類、味付け缶詰め
肉類 味付け缶詰め
野菜類 レンコン、カボチャ、ソラマメ、トウモロコシ、くわい、ニンジン(控えめ)、ユリ根、甘い煮付けの漬物
豆類 きな粉、小豆、大豆(いり豆)、インゲン豆(うずら豆、金時豆等)
イモ類 サツマイモ、里芋、山芋、ジャガイモ、マロニー、くず粉、春雨、くずきり、コーンスターチ、片栗粉
穀類 米(ご飯、餅)、蕎麦、小麦(麺類、パン類、餃子の皮、小麦粉)、ビーフン、コーンフレーク
種実類 銀杏、くり、蓮の実、とちの実、ピーナッツバター
藻類 佃煮類
果実類 イチゴ、リンゴ、夏みかん、琵琶、アボカド(※その他果実全般はなるべく控えめに)、フルーツ缶詰め、ドライフルーツ、ジュース類
乳製品 加糖ヨーグルト、牛乳
調味料 甘味噌(白味噌)、ケチャップ、コンソメ、オイスターソース、ウスターソース、とんかつソース、チリソース、焼肉ダレ、ポン酢、顆粒風味調味料、カレー・ハヤシ・シチューのルー、酒粕、蜂蜜、砂糖
嗜好飲料 ビール、発泡酒、清酒、ワイン(赤ワインは控えめなら良い)、白酒、梅酒
菓子類 砂糖を含む菓子、米菓子、スナック類
その他清涼飲料水(スポーツ飲料類、100%果汁)

控えた方が良い食品やカロリー計算など、毎日の献立を考えるには大変です。どうしても献立のバリエーションが少なくなり、飽きてしまって食事の時間を楽しめなくなることも。
宅食弁当などでバリエーションを付けたりするのもおすすめです。最近は安価で、美味しいお弁当が増えているようです。

ケーキやアルコールはなるべく避けて。

スイーツやケーキは量が少なくても高カロリーなことが多いので、なるべく避けてください。
ケーキスポンジやマドレーヌといった焼き菓子には卵・小麦粉・バター・牛乳等が使われますし、トッピングされるクリームやチョコレートなども血糖値によくありません。

アルコールにかんしては、アルコールそのものが持つ作用やアルコール代謝に伴って血糖値に影響を及ぼします。
適度な摂取は良いとも言われますが、過度な摂取は発病の危険性をアップさせるうえ、膵障害や肝障害が加わるとコントロールの困難な糖尿病となってしまうので注意が必要です。
血糖のコントロールが良好であって、合併症もとくにない人の場合は、量やおつまみに配慮すれば適度に飲むことは大丈夫かもしれません。

お酒が大好きだけど、糖尿病に悩んでいる方におすすめの「ノンアルコール飲料」。アルコールが含まれていないぶん、肝臓などの臓器への負荷が少なくて済みます。飲料によっては糖質が含まれている場合があり、飲みすぎはもちろん健康に良くありません。しかしビールなど尿酸値を上げるアルコール飲料に比べれば、血糖値への影響はあまり大きくはなく、ノンアルコールに置き換えることで断酒を目指すことも可能です。

ノンアルコール飲料と食事療法への取り入れ方について見ていきましょう。

ノンアルコール飲料とは?

ノンアルコール飲料とは、アルコールが含まれない「アルコールテイスト」の飲料のことです。一見複雑ですが、アルコールの配合量が0.05%以下であれば、ほぼアルコールが含まれていない状態とされています。

0.05%とごく微量であっても、規定に当てはまっていれば「Alc. 0.00%」「ノンアルコール」と表記することができ、日本では清涼飲料水として扱われています。
スーパーやコンビニへ行くと、ノンアルコール飲料はアルコールの売り場に揃っています。しかし分類としてはお酒ではなく清涼飲料水となりますので、ジュース類との共通点もみられます。

糖尿病の方におすすめのノンアルコール飲料

糖尿病治療中の方でも飲めるおすすめのノンアルコール飲料を紹介します。

ノンアルコールワイン

その名のとおりワインの味がするノンアルコールドリンクです。アルコール入りの通常のワインと同じく、お肉やお魚と一緒に美味しく飲用できる飲みものです。ふだんアルコールをよく飲む方が、休肝日などを設ける際に使うほか、糖尿病療法食で治療を続けている方にもおすすめのノンアルコールワインです。気分転換やちょっとした雰囲気づくりに最適。水やお茶だけでは物足りない時にもおすすめです。

「ヴィンテンス・メルロー (VINTENSE Merlot)」
ベルギー大使館推奨商品であり、本物のワインを脱アルコールした本格派。アルコール度数0.0%で、安心して飲用していただけます。

ノンアルコールスパークリングワイン/ノンアルコールシャンパン

こちらはシードルを脱アルコールし、シャンパン風に仕上げたドリンクです。乾杯のシーンや休肝日など、さまざまなシチュエーションで使えるノンアルコール飲料です。

「セレブレ(Celeble)ノンアルコールスパークリング」
アルコールを生成しない製法で発酵させた白ワイン種のぶどう果汁を使った、本格派のノンアルコールスパークリングワインです。

ノンアルコール飲料を選ぶ際の注意点

糖尿病治療中の方がノンアルコールドリンクを飲む場合、注意すべき点について見ていきたいと思います。

糖質が含まれていないものを選ぶ

特に注意したいポイントは、「カロリーゼロ」や「糖質ゼロ」という表示です。たとえば、カロリーゼロの飲料の場合、100mlあたりのエネルギーが、5kcal未満のものはすべてカロリーゼロと呼ばれます。

糖質ゼロの飲料は100mlあたりに含まれる糖質が0.5g未満、糖類ゼロのものは100mlあたりに含まれる糖類が0.5g未満と決められており、たとえ0kcalであっても、たくさん飲めば飲むほどにカロリーが摂れてしまいます。ゼロと書いてあっても必ずしも0ではなく、微量ながら糖分が含まれているものが多いので、知らないあいだに糖分を摂取してしまわないよう気を付けたいところです。

飲みすぎには要注意

1と同様に、飲みすぎはカロリーと糖分の摂取を招くばかりか、水太りなどダイエットを阻害するリスクも伴います。ノンアルコールだから酔わない、太らないと安心するのではなく、飲みすぎには注意が必要です。

プリン体にも注意を

尿酸値が高い方の場合、ノンアルコールビールに含まれているプリン体にも注意をしてください。プリン体の摂りすぎは痛風など、糖尿病にも似た症状を発症させる可能性があります。

ページの先頭へ