食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

HOME/ よくわかる糖尿病の食事療法/ 食べてOKな食べ物

食べてOKな食べ物

糖尿病の食事療養を行っている際に、食べてもよい食品についてくわしく紹介しています。
基本的には糖質と脂質をコントロールすることが大切であり、食べられるものは多いのです。

糖尿病の食事で食べて良いものは?
「糖質」と「脂質」のコントロールが大事!

糖尿病の人の食生活においては、糖質と脂質をコントロールすることがとても重要になります。
必要以上のカロリーを摂らない、血糖値を上げない(血糖値の低い状態を維持する)といったことに注力をして献立を考えましょう。
そのためには、カロリーの少ない食品、糖分の少ない食品を積極的に取り入れるのがお勧めです。

とくにおすすめの食品は?

糖尿病の人にお勧めできる食べ物の代表例は、キノコ類・海藻類・玄米等です。

まずキノコ類にかんしては、非常にカロリーが低くて糖尿病におすすめの繊維も豊富に含んでいます。また味や食感など工夫次第でとても満足感の得られる食事ができるので、辛い食事制限を続けている糖尿病患者にとって非常にありがたい食材のひとつです。

海藻類も同じく食物繊維を豊富に含んでおり、低カロリー。そのうえ海藻に含まれる食物繊維は水溶性なので腸内で溶けて糖質をつつみ込み、吸収を抑えてくれます。

また、GI値の低い食材=血糖値の上昇しにくい食材として、玄米や蕎麦、パスタなどもおすすめです。

食べてもOKな食品を一覧チェック!

以下に、糖尿病の人が食べてもOKな食品を一覧でまとめてみました。

魚介類 魚・貝類、カニ、エビ、イカ、タコ、水煮缶詰
肉類 豚・牛・鶏肉、加工品(ベーコン、ハム、ソーセージ、コンビーフ)
豆類 茹でた大豆、大豆製品(豆腐、納豆、湯葉、油揚げ、オカラ)
鶏・鶉卵
乳製品 バター、チーズ、無糖ヨーグルト、生クリーム
野菜類 大根、ハクサイ、ネギ、茄子、きゅうり、玉葱、トマト、ピーマン、ゴボウ、筍、アスパラ、小松菜、蕪、にら、レタス、カリフラワー、ブロッコリー、ホウレン草、春菊、ウド、冬瓜、枝豆、三つ葉、絹さや、生姜、茗荷、もやし、オクラ、せり、菜の花、セロリ、モロヘイヤ、ゼンマイ、サラダ菜、あさつき、しそ、シシトウ、フキ、わけぎ、わらび等
キノコ類 松茸、舞茸、椎茸、エリンギ、エノキ、平茸、しめじ、マッシュルーム、キクラゲ、なめこ
イモ類 コンニャク
種実類 ゴマ、クルミ、アーモンド、松の実、ヒマワリの種、マカデミアンナッツ、ピーナッツ、カボチャの種
藻類 海苔、わかめ、昆布、ひじき、あらめ、ところてん、寒天
油脂類 バター、ゴマ油、サラダ油、ラード、ヘッド
調味料 醤油、味噌(白味噌以外)、塩、マヨネーズ、酢、みりん、香辛料
嗜好飲料 ウィスキー、ウォッカ、ブランデー、ジン、ラム、焼酎、珈琲・紅茶(砂糖なし)

…など

果物は量に注意して上手に取り入れよう

「果糖が多いから果物は糖尿病に良くない」そう認識している人も多いと思いますが、果物はビタミンをはじめとした体に嬉しい栄養素も豊富に含んでいます。ですので「果物は絶対に摂らない」とするのではなく、食生活にぜひ上手く取り入れてみてください。ただ、摂取する量には注意が必要です。目安として、1日にあたり80kcal(1単位分)以内に抑えるようにしましょう。また、ドライフルーツや缶詰にかんしては糖度が高いうえビタミンCも少ないのでお勧めできません。

また果物を摂るタイミングについては、「間食を抑えるのが辛いときに摂取する場合」「食間の血糖管理の関係で、食事の摂取時に摂る場合」などがあるので、医師や専門スタッフの指示を仰ぎましょう。

ページの先頭へ