食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

HOME/ よくわかる糖尿病の食事療法/ 食べてOKな食べ物

食べてOKな食べ物

糖尿病の食事療養を行っている際に、食べてもよい食品についてくわしく紹介しています。
基本的には糖質と脂質をコントロールすることが大切であり、食べられるものは多いのです。

糖尿病の食事で食べて良いものは?
「糖質」と「脂質」のコントロールが大事!

糖尿病の人の食生活においては、糖質と脂質をコントロールすることがとても重要になります。
必要以上のカロリーを摂らない、血糖値を上げない(血糖値の低い状態を維持する)といったことに注力をして献立を考えましょう。
そのためには、カロリーの少ない食品、糖分の少ない食品を積極的に取り入れるのがお勧めです。

とくにおすすめの食品は?

糖尿病の人にお勧めできる食べ物の代表例は、キノコ類・海藻類・玄米等です。

まずキノコ類にかんしては、非常にカロリーが低くて糖尿病におすすめの繊維も豊富に含んでいます。また味や食感など工夫次第でとても満足感の得られる食事ができるので、辛い食事制限を続けている糖尿病患者にとって非常にありがたい食材のひとつです。

海藻類も同じく食物繊維を豊富に含んでおり、低カロリー。そのうえ海藻に含まれる食物繊維は水溶性なので腸内で溶けて糖質をつつみ込み、吸収を抑えてくれます。

また、GI値の低い食材=血糖値の上昇しにくい食材として、玄米や蕎麦、パスタなどもおすすめです。

食べてもOKな食品を一覧チェック!

以下に、糖尿病の人が食べてもOKな食品を一覧でまとめてみました。

魚介類 魚・貝類、カニ、エビ、イカ、タコ、水煮缶詰
肉類 豚・牛・鶏肉、加工品(ベーコン、ハム、ソーセージ、コンビーフ)
豆類 茹でた大豆、大豆製品(豆腐、納豆、湯葉、油揚げ、オカラ)
鶏・鶉卵
乳製品 バター、チーズ、無糖ヨーグルト、生クリーム
野菜類 大根、ハクサイ、ネギ、茄子、きゅうり、玉葱、トマト、ピーマン、ゴボウ、筍、アスパラ、小松菜、蕪、にら、レタス、カリフラワー、ブロッコリー、ホウレン草、春菊、ウド、冬瓜、枝豆、三つ葉、絹さや、生姜、茗荷、もやし、オクラ、せり、菜の花、セロリ、モロヘイヤ、ゼンマイ、サラダ菜、あさつき、しそ、シシトウ、フキ、わけぎ、わらび等
キノコ類 松茸、舞茸、椎茸、エリンギ、エノキ、平茸、しめじ、マッシュルーム、キクラゲ、なめこ
イモ類 コンニャク
種実類 ゴマ、クルミ、アーモンド、松の実、ヒマワリの種、マカデミアンナッツ、ピーナッツ、カボチャの種
藻類 海苔、わかめ、昆布、ひじき、あらめ、ところてん、寒天
油脂類 バター、ゴマ油、サラダ油、ラード、ヘッド
調味料 醤油、味噌(白味噌以外)、塩、マヨネーズ、酢、みりん、香辛料
嗜好飲料 ウィスキー、ウォッカ、ブランデー、ジン、ラム、焼酎、珈琲・紅茶(砂糖なし)

…など

果物は量に注意して上手に取り入れよう

「果糖が多いから果物は糖尿病に良くない」そう認識している人も多いと思いますが、果物はビタミンをはじめとした体に嬉しい栄養素も豊富に含んでいます。ですので「果物は絶対に摂らない」とするのではなく、食生活にぜひ上手く取り入れてみてください。ただ、摂取する量には注意が必要です。目安として、1日にあたり80kcal(1単位分)以内に抑えるようにしましょう。また、ドライフルーツや缶詰にかんしては糖度が高いうえビタミンCも少ないのでお勧めできません。

また果物を摂るタイミングについては、「間食を抑えるのが辛いときに摂取する場合」「食間の血糖管理の関係で、食事の摂取時に摂る場合」などがあるので、医師や専門スタッフの指示を仰ぎましょう。

糖尿病の食事の強い味方「特保飲料」

特保とは、特定保健用食品および、条件付き特定保健用食品と呼ばれる食品のこと(飲料も含む)です。 食品が持つ特定の保健用途を表示し、販売されているもので、製品ごとに成分の有効性や安全性などについて適切に審査を受けてから販売されています。

スーパーやコンビニなどで手軽に買えるイメージがありますが、実際にはきちんとした正しい審査を経て販売されています。
糖尿病の治療に飲用したいお茶についてはいろいろなバリエーションが揃っており、味やのど越し、飲みやすさなど種類豊富です。
お茶の成分や配合率によって効き目の程度は異なり、摂取期間や摂取量の目安(一日1本など)も異なるため、効果を実感するためには毎日続けることが重要です。

症状の改善に効果があると言われている「特保(特定保健用食品)飲料」

「からだすこやか茶W」

日本コカコーラから発売されているWトクホ飲料です。「脂肪の吸収を抑える」「糖の吸収を穏やかにする」という1本で2つの働きが注目されています。
主な成分は「難消化性デキストリン」で、血糖値の上昇を抑える働きがありますので、食後の血糖値が気になる始めた方におすすめです。

「伊右衛門 特茶」

伊右衛門特茶は、特保飲料で初めて「脂肪の分解」というメカニズムに着目し、体脂肪を減らすサポートをするお茶です。
主な成分はポリフェノールの一種である「ケルセチン配糖体」。脂肪分解酵素を活性化させて、体脂肪を内側から燃焼させる働きがあります。
糖や脂肪の吸収を抑える機能ではなく、一度体に付いた脂肪を減らしてくれるタイプのお茶で、信頼の伊右衛門ブランドということで味わいにも定評があります。

「黒烏龍茶」

食事などにもよく合い、人気の高い黒烏龍茶。主な成分は、「ウーロン茶重合ポリフェノール」。こちらは、烏龍茶の茶葉が発酵する過程で作られる成分で、中性脂肪の吸収を抑える働きがあります。
一日に2本の割合で黒烏龍茶を飲むことによって、中性脂肪の吸収率が下がり、さらに継続的に飲み続けることで、脂肪が付きにくくなるとも期待されています。日本人間ドック健診協会からも推奨されている特保飲料です。

「蕃爽麗茶」

CMでも一時期話題となった蕃爽麗茶。主な成分は「グァバ葉ポリフェノール」。こちらは糖質分解酵素の活動を抑制する働きがあり、血糖値の上昇を抑えてくれます。
食後に血糖値が上がるのを抑えたい方に適しており、実際に行われた臨床試験でも、蕃爽麗茶を飲んだ人の方が食後血糖値の上昇率が低く抑えられました。

「ヘルシア緑茶」

高濃度のカテキンを配合した特保飲料です。一般的な緑茶の500mlあたりのカテキン量は180ml程度であるのに対し、ヘルシア緑茶は350mlに540mgものカテキンが含まれています。
高濃度カテキンには、脂肪をエネルギーに変えて消費しやすくする働きがあるため、体に付いてしまった内臓脂肪を減らす効果が期待できます。
実際に行われた試験によると、茶カテキン飲料の継続飲用によって脂肪の代謝量は対照飲料の140%になったというデータも報告されています。

特保飲料で食事療法を始めよう

特保飲料は、血糖値の上昇を抑制するものと、体脂肪を減らす(燃焼する)ものに大きく分けられます。 糖尿病の方が特保飲料を飲む場合は、目的に応じて適切な飲料を選び、一定期間しっかりと飲み続けることが一番です。お水やお茶などを口にするタイミングで特保飲料に置き換えて、効果が出るかどうかを試してみてください。

どのお茶が自分の体に合っているのか分からないという場合は、まず血糖値にアプローチしたいのか、もしくは体脂肪の減少を目指すのかによって分けて考えてみてください。 特保飲料を糖尿病の療法食に取り入れることで、きっと健康改善の心強い味方になってくれることでしょう。

ページの先頭へ