食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

HOME/ よくわかる糖尿病の食事療法/ 【食品交換表とは】献立に彩りを付ける

【食品交換表とは】献立に彩りを付ける

糖尿病の食事療法に欠かせない「食品交換表」について、くわしく解説しています。

食品交換表って?

「食品交換表」というのは、糖尿病の食事療法における献立づくりを分かりやすくラクにするために役立つもので、毎日の食事の栄養バランスを考えるのに非常に便利です。食品を、含まれる栄養素が近いもの同士で6つにグループ分けし、各食品について80kcal=1単位としてその量を記しているのです。献立を考える際に、同じ表(グループ)の食品は同単位ずつ交換できますが別の表(グループ)の食品とは交換できないことから、「食品交換表」と呼ばれてきました。

以下に、食品交換表のグループ分けの内容を記載してみました。

<Ⅰ群:炭水化物を主として供給する食品>

  • 表1…穀類、イモ類、豆類(大豆及びその製品を除く)、炭水化物の多い野菜及び種実類
  • 表2…果物類

<Ⅱ群:タンパク質を主として供給する食品>

  • 表3:魚介、肉類及びその加工品、卵、チーズ、大豆及びその製品
  • 表4:乳類及び乳製品(チーズを除く)

<Ⅲ群:脂質を主として供給する食品>

  • 表5:油脂類及び多脂性食品

<Ⅳ群:ビタミン及びミネラルを主として供給する食品>

  • 表6:野菜類(炭水化物の多い一部の野菜を除く)、海草類、キノコ類、コンニャク

<調味料類:砂糖塩、味噌、醤油など>

糖尿病の食事療法においては、1日の摂取カロリーと同じように「栄養バランス」が重要。表1~表6の各グループから摂取する単位数を決めることで、どんな食品をどれぐらい摂ればよいのかが分かりやすくなり献立もラクになるのです。

交換のルール

 

糖尿病の療法食は、栄養バランスが第一です。そこで活用できるものが「食品交換表」になります。 食品交換表は一見複雑に見えるものですが、以下に挙げる3つのルールを押さえておくようにします。

1、「80kcal(カロリー)を 1単位とする」

2、「一日の必要摂取カロリーを正しく算出する」

3、「正しく食品を交換する」

1については、ご飯を2単位摂りたい時には、1単位につき50gなので、100g摂取することになります。2単位、つまり160kcalが摂取できるという計算になります。1単位が80kcalであることを念頭に置きながら、大体ご飯やおかずが何単位になるかを頭に入れていくと便利です。

2については、一日の必要カロリーを基礎代謝量や年齢、性別、生活強度から正しく算出する必要があります。生活強度が一段階違うだけでも摂取カロリー量は変わりますし、年齢や性別によっても異なりますので、自分がどれだけカロリーを摂るべきなのかをチェックしてみてください。

3については、食品交換表をチェックして、同じ表の中に入っている食品は自由に交換することができます。表1にあるご飯は、同じ分類であるじゃがいもやうどんに代えることができますし、表3なら肉を魚に、魚を肉にすることができます。

ただし、いわゆる炭水化物をたんぱく質に代える(表1を表3に振り分ける)ことはできません。最近では「糖質抜きダイエット」などが流行している関係で、炭水化物をできるだけ摂らないようにする方も少なくありませんが、表1を他の表の食材に置き換えることはできません。

毎日の食事は健康をキープするうえで非常に重要で、食事の満足度にも関わってきますので、バランスを守って食べるようにしましょう。 食品交換表はあくまでも五大栄養素を中心に振り分けている表なので、置き換えダイエットなどに使うことはできません。血糖コントロールのためには栄養のバランスが重要になりますので、合併症などを防ぐ意味でも、バランス良く栄養を摂取していくようにしましょう。

食品交換表は一見複雑に見えますが、3つの大まかなルールさえ確認してしまえば、後は実際に食事を単位に置き換えて、一日の摂取カロリーを元に単位を振り分けていくだけで完了します。難しい栄養管理も手軽にできるようになりますので、使い方を覚えるまではどんどん表を活用し、慣れていくことが大切です。

交換の際に気をつけるポイント

食品交換の際に注意したいポイントとしては、調味料の分量についてです。大さじ、小さじなどを確認せずに調理してしまうと、単位計算が面倒になってしまうだけでなく、塩分や糖分の摂りすぎにつながるおそれもあるため、正しく計量しながら、できるだけ「少なめ」を心がけてみてください。

食品交換を行う前に、一日のメニュー構成も確認してみましょう。きちんと必要摂取カロリーが計算できているか、さらにはそのカロリー内に単位がすべて収まっているか、栄養バランスに偏りがないか(野菜や果物なども摂れているか)をチェックします。 食品交換表はダイエットなどにも活用できますが、一食抜きダイエットや置き換えダイエットなど、明らかに偏りのあるダイエットは、栄養のバランスが乱れるだけでなく、血糖コントロールにも悪影響を及ぼす可能性があるため、おすすめはできません。

きちんと表の中に単位を収めて、主食から副菜、デザートまでしっかりと「食べる」ことで満足度がアップしますので、痩せることだけを考えず、バランスを重視していきましょう。

また、お菓子などの嗜好性の高い食品や、アルコール類・タバコなどの嗜好品は表には含まれていませんが、療法食以外に口にする場合は注意が必要です。アルコール類には糖質を含んでいるものがあり、糖尿病においてはリスクの大きな食品です。 特にお菓子はエネルギー量が多く、油分や糖分、塩分などを多量に含んでいるため、一日のカロリーバランスが乱れる可能性があります。表1のご飯類との交換も基本的にはできませんので、バランスのとれた食事を心がけてみてください。

ページの先頭へ