食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

HOME/ よくわかる糖尿病の食事療法/ 【食品交換表とは】献立に彩りを付ける

【食品交換表とは】献立に彩りを付ける

糖尿病の食事療法に欠かせない「食品交換表」について、くわしく解説しています。

食品交換表って?

「食品交換表」というのは、糖尿病の食事療法における献立づくりを分かりやすくラクにするために役立つもので、毎日の食事の栄養バランスを考えるのに非常に便利です。食品を、含まれる栄養素が近いもの同士で6つにグループ分けし、各食品について80kcal=1単位としてその量を記しているのです。献立を考える際に、同じ表(グループ)の食品は同単位ずつ交換できますが別の表(グループ)の食品とは交換できないことから、「食品交換表」と呼ばれてきました。

以下に、食品交換表のグループ分けの内容を記載してみました。

<Ⅰ群:炭水化物を主として供給する食品>

  • 表1…穀類、イモ類、豆類(大豆及びその製品を除く)、炭水化物の多い野菜及び種実類
  • 表2…果物類

<Ⅱ群:タンパク質を主として供給する食品>

  • 表3:魚介、肉類及びその加工品、卵、チーズ、大豆及びその製品
  • 表4:乳類及び乳製品(チーズを除く)

<Ⅲ群:脂質を主として供給する食品>

  • 表5:油脂類及び多脂性食品

<Ⅳ群:ビタミン及びミネラルを主として供給する食品>

  • 表6:野菜類(炭水化物の多い一部の野菜を除く)、海草類、キノコ類、コンニャク

<調味料類:砂糖塩、味噌、醤油など>

糖尿病の食事療法においては、1日の摂取カロリーと同じように「栄養バランス」が重要。表1~表6の各グループから摂取する単位数を決めることで、どんな食品をどれぐらい摂ればよいのかが分かりやすくなり献立もラクになるのです。

交換のルール

同じ表に分類される食品であれば自由に交換することができます。たとえば表1に分類されるジャガイモを、同じ分類のうどんやご飯に換えたり、表3の魚を肉に換えたりという献立の仕方はOK。しかし、表1に分類されるご飯を表3の魚に換えたり、表3の肉を表6のキノコに換えたりといった交換はできないということです。

醤油など、エネルギー量が少ないため単位計算をせずに使えるものもありあります。しかし調味料にかんしては、塩分を多く含むものが多いため、控えめにすることをお勧めします。

菓子をはじめとした嗜好品はエネルギーが高くコントロールを乱す可能性があるため、交換の対象にはなっていません。表1のご飯を嗜好品である菓子パンに変えるなどの可否については、医師や専門スタッフの指示を仰ぎましょう。

適正な食事内容の中で、毎日の献立に変化をつけて食事を楽しむことは、食事療法を長く続けるためにもとても大切です。

ページの先頭へ