食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

HOME/ よくわかる糖尿病の食事療法/ 食事療法で糖尿病を完治させた体験談

食事療法で糖尿病を完治させた体験談

こちらでは、糖尿病を食事療法で完治させることはできるのか、食事療法を実践した方の口コミを交えながらご紹介しています。

食事療法で糖尿病を完治させるということ

糖尿病は基本的に完治させることができない疾患だと言われていますが、食事療法で糖尿病の判断基準である「血糖値」や「HbA1c」の値を正常に近づけることは可能です。

HbA1cはヘモグロビンの値で、血糖値が高くなると同時に高くなってきて、糖尿病診断基準のひとつとなります。

糖尿病治療で大切なのは合併症の予防

現在、近代医療による糖尿病の完治はほぼ不可能であり、その治療は、良好な血糖値の維持による将来的な合併症の予防に主眼を置いている。

出典:自覚症状のない患者が治療を求めるとき : 2型糖尿病患者を対象としたインタビュー調査から 福島 智子 日本保健医療社会学会 2005
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jshms/16/1/16_KJ00009558337/_pdf

食事療法は糖尿病改善に効果的ですが、その目的は完治ではないということなのでしょう。

ここでいう糖尿病は「2型糖尿病」なので、先天性の糖尿病はまた話が変わってきますが、血糖値が正常で維持できれば、それは糖尿病ではない状態になったのとほぼ変わりがないように感じます。

糖尿病か否かを判断する基準は、血糖値とHbA1cの値です。この2つの値が正常になれば、完治ではなくとも、身体的には安全な状態になっているということになります。

食事療法で糖尿病を完治させた方の体験談

ここからは、実際に食事療法で血糖値やHbA1cの値が正常になった方の体験談を、いくつかご紹介していきます。

毎日野菜を食べて甘いものを我慢しました

重度の糖尿病で心筋梗塞も患い、発作で二回心停止をしたくらい重症でした。何とか一命を取り留めて退院した後は、自分で厳しく生活の管理をしました。毎日野菜と少しのごはん、お味噌汁など、徹底的に和食中心のメニュー。砂糖を入れたコーヒーやお菓子も好きでしたが、甘いものが欲しいときは飴を舐めて我慢しました。

そんな生活を何年か続けていたところ、先生も驚くほど血糖値が下がっていたんです。もう正常な人とほとんど変わらないと言われ、心臓の問題もなくなりました。

塩辛いものや甘いものが好きな私にとって食事療法はかなり厳しかったですが、健康になった今、あの時我慢して本当に良かったと思いますよ。これからも粗食を続けて、健康で長生きしたいですね。(80代・女性)

短期間でも薬やインスリンの量は減りました

徐々に視界の歪みが出てきて、眼病かと思っていたら糖尿病でした。合併症の網膜症を発症していたんです。

失明すると言われて慌てて食事療法を始めたのですが、私の場合は普通の食事メニューで、食事量を減らすという方法でした。慣れるために1か月間病院食を食べることができたので、スムーズに食事療法を始められました。

まだ治療中なので完治とまではいきませんが、1か月間病院食を食べていただけでも、薬やインスリンの量はかなり減りました。これから食事療法を続けていって、健康な体を目指していきたいです。(60代・男性)

食事療法は食べる順番が大切

健康診断で血糖値とヘモグロビンの値が高いと言われ、病院を受診することになりました。肥満もあったので、まずは肥満を解消するのが先決で、やはり最善の方法は食事療法だと感じて治療を始めました。

食事療法で気をつけていることは食べる順番です。野菜から始めてカロリーが低い順に食べていき、最後に糖分を摂ります。これで血糖値が急激に上昇するのを抑えられるそうです。

元の体重が多かったこともあり、食事療法を2か月間したことで、体重が10キロも減りました。3ヵ月目に入ると体重は更に5キロ減り、血糖値やヘモグロビンの値も正常になったので、かなりの効果がありましたね。早期に発見できたのも良かったのでしょう。(40代・男性)

食事療法で数値は全くの正常に

うちの母が70歳になった頃糖尿病を発症し、食事制限をしています。手のしびれなどがあり、健康診断を受けたところ血糖値が高いことが分かり、そのまま病院で糖尿病だと言われました。食事療法は病院で指導を受けたようです。

まだ初期段階だったせいもあり、食事療法を続けたおかげで、糖尿病とは言えないくらいの数値にまで回復しました。もう数値は正常になっているのですが、母はまだ食事療法を続けています。糖尿病の食事療法は、血糖値を下げるだけではなく、健康な体を維持するためにも役立つので良いですね。(70代・女性)

食事療法を覚えて食事に対する意識が変わった

10年ほど前に糖尿病を発症して薬を飲んでいました。ですが、数値がかなり悪化してきたとのことで、入院をして食事療法を教わることになりました。

家族も一緒に食事療法を学びましたが、カロリー計算や食べる順番について覚えられたことが良かったです。退院後は食事に対する意識がかなり変わり、毎食カロリーを計算して食べています。

その甲斐あってか、退院してから4ヵ月で5キロも体重を落とすことができ、数値も急激に回復しました。これからは食事療法と運動療法を併用していこうかと思っています。(60代・男性)

ページの先頭へ