食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

HOME/ よくわかる糖尿病の食事療法/ 1日に摂取して良いカロリーと適正体重

1日に摂取して良いカロリーと適正体重

ここでは、糖尿病の食事療法における1日の摂取カロリーの求め方などについて解説しています。

糖尿病患者が1日に摂りいれてよいカロリー量とは?

食事療法の基本的な考え方としてまず押さえておきたいのは、“必要以上のカロリーを摂取しない”ということ。適正とされるカロリー量の範囲内において、脂質やタンパク質、ミネラル、ビタミンといったバランスの良い栄養を摂る必要があります。

では、適正なカロリー量(エネルギー量)とは一体どれぐらいなのかというと、それは個人によって差があります。以下に挙げるのが、自分に必要なカロリー量を求められる計算式です。

カロリー(エネルギー)摂取量=標準体重×身体活動量

※小児や思春期は例外 

さて、この式で大事となるのが、「標準体重」と「身体活動量」。

まず標準体重については、以下の計算式で求めることができます。

標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22

例えば、160cmの人の場合、標準体重は1.6(m)×1.6(m)×22=「56.32(kg)」ということになりますね。

そして、あまり聞きなれない「身体活動量」という数値。これは、日頃の体を動かす程度によって出されるエネルギー必要量(kcal/kg標準体重)です。以下に、身体活動量の目安になります。

  • 軽労作(主婦やデスクワークが多い人など)…25~30 kcal/kg標準体重
  • 普通労作(立ち仕事が多い人など)…30~35 kcal/kg標準体重
  • 重労作(力仕事が多い人など)…35kcal~/kg標準体重

さて、これまで見てきたように、糖尿病の人の食事療法における適正なカロリー(エネルギー)摂取量というのは体重や年齢、普段の活動状態などにより違ってきます。このような項目を考慮したうえで、一人ひとりに適した指導がされるのです。食事療法では、自己判断ではなく医師やスタッフに指示されたカロリー量の範囲内で、バランスの取れた正しい食事をする必要があります。

ページの先頭へ