食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

HOME/ よくわかる糖尿病の食事療法/ 理想的な栄養バランス

理想的な栄養バランス

ここでは、糖尿病の食事管理で必要になる栄養バランスの考え方についてくわしく解説しています。

糖尿病の食事管理・栄養素別にみた食品分類とは

糖尿病の食事療法において、摂取するエネルギー量と同じくらい大事なのが栄養バランス。
各栄養素はそれぞれに異なる役割を持っているので、指示エネルギー量の範囲内で、どの栄養素も過不足なく摂取する必要があるのです。

まず以下に、栄養素別にみた食品の分類と、それぞれの栄養素の働きをまとめてみました。

食品の分類

  • I.炭水化物を多く含む食品
    ①穀物・イモ・炭水化物の多い野菜及び種実・豆(大豆を除く)、②果物
  • Ⅱ.タンパク質を多く含む食品
    ①魚介・大豆とその製品・卵・チーズ・肉、②牛乳と乳製品(チーズを除く)
  • Ⅲ.脂質を多く含む食品
    油脂・脂質の多い種実・多脂性食品
  • Ⅳ.ビタミン、ミネラルを多く含む食品
    野菜(炭水化物の多い一部の野菜を除く)・海藻・キノコ・コンニャク

各栄養素の働き

  • 炭水化物
    体内でエネルギーになる主要な栄養素。消化吸収によりブドウ糖となり、血中に供給される(食後の血糖値上昇はこれによる)。1gにつき約4kcalのエネルギーとなる。
  • タンパク質
    体内で血液や筋肉となる。脂質や炭水化物の摂取が少ない時はエネルギーとしても利用される。1gにつき約4kcal。(※腎臓系の治療のために摂取量を減らすこともある)
  • 脂質
    エネルギーに使われるほか、細胞膜やホルモンにも利用される。1gにつき約9kcalあり、過剰に摂取すると体重が増加しやすくなるほか動脈硬化の進行も早めてしまう。
  • ビタミン・ミネラル
    身体の諸機能を整える役割を持つ。ミネラルの中でもカルシウムは歯や骨の材料となる。
  • 食物繊維
    炭水化物の中でエネルギーとならない栄養素が食物繊維。摂取しても血糖値が上昇しないばかりか、逆に血糖値上昇を抑える作用やお腹の調子を整える作用がある。

各栄養素はどれぐらいの割合で摂ればいいの?

では、これらの各栄養素は、どれぐらいの割合ずつ摂取すればよいのでしょうか?理想的なバランスとしては、1日の摂取エネルギーの50~60%を炭水化物から、タンパク質は体重1kgあたり1.0~1.2gを目安に、そして残りのエネルギーを脂質から摂るというのが良いと言われています。以下に、簡単な図にして表してみました。

【1日1,600kcal 炭水化物55%の場合】

食品の分類 割合
穀物・イモ・炭水化物の多い野菜及び種実・豆(大豆を除く) 45%
果物 5%
魚介・大豆とその製品・卵・チーズ・肉 25%
牛乳と乳製品(チーズを除く) 7.5%
油脂・脂質の多い種実・多脂性食品 7.5%
野菜(炭水化物の多い一部の野菜を除く)・海藻・キノコ・コンニャク 6%
調味料 4%

糖尿病の食事療法では、上で解説したような栄養バランスを心掛けて献立を作ってみてくださいね。

ページの先頭へ