食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

HOME/ よくわかる糖尿病の食事療法

よくわかる糖尿病の食事療法

ここでは、糖尿病における食事療法の目的や必要性を説明しています。

糖尿病の食事療法の必要性

食事療法は、糖尿病の治療において基本となる大事な対策です。

私達の体は、食事などで取り込んだブドウ糖をエネルギーにして動いています。血液中にあるブドウ糖を血糖といっています。
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンは、体に必要な血糖を細胞に取り込み、血糖を一定の量に調節する働きをもっているのです。

糖尿病は、インスリンを作る細胞が破壊されて分泌ができなくなる(1型糖尿病)ことや、膵臓からのインスリンの分泌・働きが悪化する(2型糖尿病)ことにより発症する疾病です。

インスリンの働きが悪くなったり減少したりすることで、食べ物から摂取したブドウ糖が血中に溜まってしまい、高血糖を起こすのです。
この高血糖状態を放置しておくと、体にさまざまな異常が現れたり合併症を併発したりします。

食事制限の目的

そこで、1型糖尿病においては、インスリンの体外補給の調節をしやすくするために食事療法を行います。また2型糖尿病においては、食事から摂取するブドウ糖量を制限する食事療法により、弱った膵臓の負担を軽減して機能回復を図るのです。

1型においても2型においても、正しい食事療法でしっかりと食事を制限・調整しないと、血糖のコントロールがきちんとできないばかりか他の治療もなかなか効果を上げてくれません。糖尿病において食事療法は、非常に重要で欠かせないものなのです。

では、実際に食事療法ではどんな食事をすればよいのでしょうか?このカテゴリーでは、糖尿病の食事療法をするうえでぜひ知っておきたい基本的な知識や、食べてOKな食品・できれば控えた方がよい食品などを分かりやすく紹介しています。

これから食事療法を始める人、また現在食事療法中の人やそれを支えるご家族など、ぜひ皆さんの参考になれば幸いです。

食事療法の基本

糖尿病の改善において、食事療法はまず取り入れる方法です。エネルギー量と栄養バランスをいかに整えるかが大切で、血糖もコントロールしなくてはいけません。食生活は一時的に改善するだけではなく、これからもずっと糖尿病が再発しないように気を付けていく必要があります。食事療法の基本を知って、毎日の食生活を見直しましょう。

食事療法の基本をチェックする>>

1日に摂取して良いカロリーと適正体重

1日に必要なカロリーは、人それぞれ異なります。主に体重で分けて考えることができるのですが、糖尿病の場合は健康な人が摂取してもいいとされているカロリーよりも少なめにしなくてはいけません。適正なカロリー量を知ることで、食べてもOKな量が明確になります。またカロリーだけではなく、糖尿病の場合は糖質も考えて食べなくてはならないため、単純なカロリー計算よりは複雑になります。

1日に摂取して良いカロリーと適正体重をチェックする>>

理想的な栄養バランス

糖尿病の食事には、エネルギー調整だけではなく栄養バランスも考える必要があります。体に必要とされている栄養素を知り、そのバランスを整えた食生活を目指しましょう。

理想的な栄養バランスをチェックする>>

【栄養単位とは】栄養バランス配分の考え方

栄養バランスを考えるうえで知っておきたいのが栄養単位です。単位を用いて計算することになるので、献立も考えやすく食事療法がしやすくなります。栄養単位を使って簡単に食事療法を始めましょう。

【栄養単位とは】栄養バランス配分の考え方をチェックする>>

【食品交換表とは】献立に彩りを付ける

糖尿病のために必要な食事療法って複雑で大変そう…と悩むときに役立つのが、食品交換表です。食品がどんな栄養素に交換されるか、がわかる表となっています。栄養素によってグループ分けされているので、そのグループから何単位(1単位80キロカロリー)を摂取してバランスをとるのかが考えやすくなるでしょう。

【食品交換表とは】献立に彩りを付けるをチェックする>>

食べてOKな食べ物

食事療法を始めると、あれもダメ、これもダメ…と食べてはいけないものばかり考えてしまいがちです。脂質と糖質をコントロールすることになりますが、食べてOKな食べ物があることを考えてみると、食事療法もしやすくなります。

食べてOKな食べ物をチェックする>>

控えた方がよい食べ物

血糖値を上げやすい食べ物は避けなくてはいけません。また、脂質やカロリー摂取量も考えて食事をしましょう。これなら大丈夫、と思って食べていたものが、実はNGかもしれません。糖質・脂質・カロリーには気を付けて、控えたほうがよい食べ物を考えてみましょう。

控えた方がよい食べ物をチェックする>>

糖尿病の味付けで気を付けるポイントは?食事療法の観点から説明!

食材に気を付けていても、味付けでせっかくの食事療法も台無しになってしまいます。味付けは濃くすればするほどにカロリーも脂質も糖質も上がってしまう、と考えてください。献立を考えるときは、調味料まで入れて計算しましょう。

糖尿病の味付けで気を付けるポイントは?食事療法の観点から説明!をチェックする>>

食事療法の歴史

糖尿病の食事療法は大正時代から始まったといわれています。その時は厳重食と呼ばれており、糖質を抑えた食事でした。現代は食品交換表などもあり、その流れを受け継いでいることになります。ただし、極端な制限をすることはなくなり、今は栄養をバランスよく摂取するという食事療法に切り替わっています。

食事療法の歴史をチェックする>>

おすすめの食事療法レシピ

献立を自分で考えるのは大変…という人でも、レシピがあれば作るだけでOKなので楽ですよね。最近は糖尿病の人のために役立つレシピもたくさんあるので、材料をそろえて調理をするだけで簡単に食事療法ができます。

おすすめの食事療法レシピをチェックする>>

食事療法で糖尿病を完治させた体験談

実際に食事療法をすることで糖尿病が完治した、という話を聞くと勇気づけられますよね。 つらいと思っても、努力して完治させた人がいると思えば自分の励みにもなります。どの程度頑張ればいいのか、どのような方法があるのかなど、体験談を参考にしましょう。

食事療法で糖尿病を完治させた体験談をチェックする>>

食事療法が続かなかったかたの体験談

食事療法は継続することに意味があります。でも、途中で挫折してしまいそうになることが何度か訪れるはずです。続けられなかった理由はどこにあるのかを事前に体験談で知っておくと、自分は続けられるように頑張ろう、と前もって対策ができます。

食事療法が続かなかったかたの体験談をチェックする>>
ページの先頭へ