食事療法を正しく理解!糖尿病食におすすめの宅配弁当も徹底リサーチ!

薬物療法

糖尿病の薬物療法についてくわしく説明しているページです。

糖尿病における薬物療法の考え方

糖尿病の治療では、食事療法や運動療法を行っても血糖コントロールが良くならない場合に薬物療法を行います。

糖尿病に使われる経口薬には、インスリンの働きを改善させるものやインスリン分泌を促すもの、また糖吸収を緩やかにさせるものがあり、これら経口薬とインスリンなどの注射薬を、病状に合わせて使用するのが一般的です。

以前は薬によって血糖値が低下しすぎてしまう「低血糖」が問題になっていたこともあったのですが、最近はその危険性が少ない薬剤も開発され、合併症を予防するうえでとても重要な役割を果たすようになっています。

ただ気を付けなければならないのは、薬物療法を行えば食事や運動に配慮しなくてよい、ということでは決してないということです。食事療法と運動療法を適正に行いながらの薬物療法でないと、血糖コントロールは良好にならず、合併症の予防にもなりません。

糖尿病に使われる薬と効果・副作用をチェック!

糖尿病の薬には、大きく分けると経口薬と注射薬の2種類があります。以下に、使用される主な薬とその効果、また副作用などについて、経口薬と注射薬それぞれに分けてまとめてみました。

経口薬

使用される主な経口薬と効果を以下に挙げます。

  • ビグアナイド薬…肝臓に作用し、血中へのブドウ糖放出を抑制して血糖値を低下させます。
  • α‐グルコシダーゼ阻害薬…腸におけるブドウ糖吸収を遅らせ、食後の急な血糖値上昇を抑制します。
  • スルホニル尿素薬(SU薬)…膵臓に刺激を与えインスリン分泌を促します。

このように、薬剤により血糖値へ働きかけるメカニズムが違います。

使われることの多い「SU薬」は効果が高いものの、膵臓への過剰な刺激により、低血糖を引き起こしたり体重増加を招くことがあります。そこに登場した「DPP4‐阻害薬」は、インスリンを膵臓から分泌させる消化管ホルモンの働きを持続させ、低血糖を引き起こしにくいというメリットがあります。膵臓機能の回復効果も期待でき、体重増加も起こりにくいため今後の活躍が期待されます。

注射薬

糖尿病で用いられる注射薬としては、インクレチン注射(GLP‐1受容体作動)薬とインスリン注射薬の2種類が挙げられます。

  • インクレチン注射…1日に1~2回注射を行います。インスリン注射に比べて体重の増加や低血糖が起こりにくいというメリットがあります。
  • インスリン注射…経口薬やインクレチン注射で血糖コントロールが良くならない場合に行うのが一般的です。効果が出るまでの時間と効果持続時間の違いにより、速効型・中間型・混合型・持効型に分けられます。持続型・超速効型は新しいタイプで、生理的なインスリン分泌により近いかたちでの投与が可能であり、血糖コントロールへの効果が期待されています。

【注射法の詳細】

  • 使用する器具…使い捨てタイプの注入器、またはカートリッジ交換タイプの注入器
  • 注射部位…腕、腹部、太もも、お尻など

注入は針先が筋肉まで届かないようにして行います。太りすぎ、または痩せ過ぎで注射しにくいという場合もありますので、事前に医師とよく相談してください。

また注射部位を決めたら、基本的にはその部位からの注入を続けることとなります。ただし同じ部位でも、位置は毎回数センチずらすなどして、肌に大きな負担をかけないようにしていきます。

薬物療法の注意点

さて、これまで糖尿病の薬物療法について見てきました。そこですべての薬物療法に共通する注意点をまとめてみましたので、ぜひチェックしてください。

自己判断で薬をやめるのは絶対にダメ!

経口薬や注射薬によって症状が改善されてきたとしても、勝手に薬を止めてはいけません。自覚症状が改善されたからといって、糖尿病自体が治癒されたわけではないケースが多く、自己判断で薬をストップしてしまうのは危険です。

必ず医師の指示に従って、正しい薬物療法を続けましょう。

もし薬を飲み忘れたら

糖尿病と診断されて薬物療法を続けていても、痛みなどの強い自覚症状がない場合、つい服薬を忘れてしまうというケースがあります。糖尿病の薬は食前や食後など、食事に紐付けられている場合が多く、その効果を十分発揮させるために用法はきちんと守る必要があるので、注意が必要ですよ。

もし飲むのを忘れてしまった場合、その回の服薬は見送ってください。「指定の時間が過ぎてしまったけど、いま飲めばいいだろう」などと軽く考えてしまうのは、危険。低血糖の症状を招くことがあります。

そして今後、服薬を忘れないようにするための工夫(携帯電話のアラームを活用する、自分で服薬チェック表を作るなど)を、自分なりに考えるようにしてください。

低血糖が引き起こされたら

経口薬やインスリン注射の摂取を日常化していると、時に種類や量を間違えるなどのミスが生じることもあります。その際に危惧されるのは、低血糖状態が引き起こされるということ。

重篤になると震えやめまい、冷や汗などが生じたり、意識が朦朧として痙攣や昏睡状態に陥ることもあるので、要注意です。

「まずいな」という自覚症状が出てきた場合には、すぐ対処を。ブドウ糖を多く含むジュース(コカ・コーラやファンタグレープなど)を補給することで、低血糖を回避することができます。

ページの先頭へ